トップ / オフィスを考える常識

オフィスを考える常識

オフィス学習は有効

オフィスで求められる新入社員

オフィスでは気が利く新入社員が求められることが多いです。気が利くとは、具体的にはどのような人材なのでしょうか。それは、上司や先輩の求めていることを予想して提案することです。例えば、普段忙しい先輩がコピーを取っていたら作業を引き受けたり、自分の仕事が終わったらさっさと帰るのではなく上司に作業を仰いだりします。オフィスでは新入社員だからといって雑用ばかりする必要はありませんが、一人前になるための通過点と思い、進んで引き受けることで印象は上がります。上司や先輩もそのようにして社会での生活をしてきているのです。

気が利く新入社員が求められる

新しいオフィスで、新入社員に求められるものとは一体何なのか、それは気が利くというところです。ちょっとした機転を利かせるだけで、オフィスはより円滑に回っていくものです。上司に求めるのではなく、新入社員の自分自身が行動することでみんながより快適に過ごすことのできる職場づくりをすることが、なによりも大切です。お茶をいれるのはいつも同じ人だから、その人に任せればいいというのではなく、気が付いたときに自分自身が行動するということが大切です。気持ちで行動することが、何よりも大切なのです。積極的に行動しましょう。

↑PAGE TOP