トップ / オフィスを知るための常識

オフィスを知るための常識

オフィス勉強は有効

オフィスの新入社員の素直さ

新入社員に求められるスキルは多々ありますが、第一に挙げられるのが、意見を実直に受け取れる素直さです。オフィスにはそれぞれ風土があります。新入社員の中には組織の慣例よりも自我を優先する人々も少なくありませんが、まずは定められたルールを体得しなければ、一人前にはなれません。最初は誰でも真似から入るものです。個性を発揮するのは、中堅社員になってからでも遅くありません。オフィスの先輩の意見は、確かに耳が痛いものばかりかもしれませんが、まずはスポンジのように、言われた事を吸収しましょう。先輩のアドバイスを聞く事で仕事の効率はアップしますし、同世代のライバルより、確実に合理的な作業が進められます。

新入社員に求められる率直さ

新入社員は、フレッシュで初々しく、出社してくれるだけでもオフィスに新しい風を吹かしてくれるので、それだけで価値があるというものです。だから、新入社員としては、オフィスでの立ち居振る舞いで求められるのは素直さであることを肝に銘じておく必要があります。知識とか、能力とか、会社への貢献度とかではなく、フレッシュな素直な目で、仕事をして欲しいということなのです。強いて言えば、今までにない見方で見て欲しいということはあるのですが、それは先輩諸氏が長年の習慣で見過ごしていたり、あきらめているようなことに対しても、素直になぜという疑問を持って取り組んで欲しいということなのです。

↑PAGE TOP